デザイン

壮大な明石海峡大橋や淡路島を日々の借景に壮大な明石海峡大橋や淡路島を日々の借景に

高層階からは、風光明媚な明石海峡大橋や淡路島などを、一望できるステイタスを満喫。
橋と島が壮大に連なる昼間の風景はもちろん、夜間には美しくライトアップされた明石海峡大橋の姿も愉しめます。
時間ごと、季節ごとに、それぞれ違う表情を見せてくれるその生活借景は、
ときに鮮やかに、繊細に、ゆっくりと心を解き放ってくれるでしょう。

眺望写真

陽光を纏う大規模レジデンス誕生陽光を纏う大規模レジデンス誕生

「西新町」駅徒歩1分の地に、新たなランドマーク。上層階からは海を見晴らす開放感ある全戸南向き。「西新町」駅徒歩1分の地に、新たなランドマーク。上層階からは海を見晴らす開放感ある全邸南向き。

「西新町」駅徒歩1分にあってビッグスケールを誇る総122邸。陽光が降り注ぐ全邸南向きの新築分譲マンションは明石でも少なく、
さらに計画地周辺は高層建築物も少ない見通しの良い住環境エリア。空の広い、ゆったりとした街並みも大きな魅力です。
全邸を海の方角を望む南向きとし、陽光が降りそそぐ暮らしを実現。
明るさと開放感に満たされたリビング・ダイニングが、笑顔の集うご家族団らんのメインステージに。
心地よい新生活がここからはじまります。

立地断面イメージイラスト

外観完成予想図

ひとつひとつの質感や風合いにこだわった
多彩なマテリアルが建物に個性豊かな表情を演出

「ディアエスコート明石西新町」では、生まれ変わった西新町駅前新街区を象徴するランドマークにふさわしい佇まいを目指した外観デザインを構想しています。規模感のある建物を、落ち着いたオフホワイトを基調としたタイルで包み込み、正面はシャープな水平ラインを強調しながらタイル貼りのマリオン(一部除く)を連立。乳白とグレー色のガラス仕様の手摺を配することで、表情に富んだスタイリッシュなファサードを実現しました。

  • 外壁タイル

  • マリオンタイル(一部)

  • エントランスアプローチ
    壁面タイル

エントランスアプローチ完成予想図

エントランスホール完成予想図

スケールメリットを、最大限に活かしたランドプランスケールメリットを、最大限に活かしたランドプラン

整備された駅前新街区に隣接。日々の暮らしの快適性や安全性、安らぎを敷地の随所にを追求。整備された駅前新街区に隣接。日々の暮らしの快適性や安全性、安らぎを敷地の随所にを追求。

総122邸のスケールメリットはもちろん、端正な敷地形状や、
広場や側道などが整備される駅前新街区に隣接する立地条件を最大限に活かしたランドプランを構想。
車やバイク、自転車、歩行者の出入口を分けることで安全性に配慮した歩車分離設計も採用。
また、豊かな植栽計画や、住まう誇りを満たす共用施設、通風・採光性を高める住戸レイアウトにもこだわっています。

敷地配置図・1階平面図イメージイラスト

  • ラウンジ

    エントランスホール横には落ち着いたラウンジスペースを併設。上質な折上天井やソファセットを配した空間の奥には書棚が設置され、明石市立図書館の指定管理者である株式会社図書館流通センターがお薦めする月刊誌等を配架し、住まう方の日常に潤いを与えます。また、月刊誌等は毎月新しく追加される予定です。※2017年7月現在

  • エントランスホール

    建物のクオリティを集約したエントランスホール。クールなモノトーンのフロアと壁面、天井にはアクセントとして木目を採り入れることで住まう方やゲストの方を上質な私邸領域へと導く暖かみのある落ち着いた空間に仕上がります。

  • 歩車分離設計

    歩行者のことを第一に考えた歩車分離設計を採用。人と車・バイク、自転車の敷地内への動線をそれぞれ別々にすることで、お子さまやお年寄りの方の安全性に配慮しています。

  • 駐車場

    駐車場は出入庫のスムーズな平面駐車場25台分と、効率の良い機械式駐車場46台分の合計71台分をご用意。その他に来客用駐車場1台分も備えています。

  • コミュニティルーム(集会室)

    エントランスホール、ラウンジの隣には、コミュニティルーム(集会室)を設置。南面開口の開放的な空間で、様々なイベントなど、住まう方同士の交流の場として多目的に使えます。

  • AED設置

    救命装置「AED(自動体外式除細道器)」を宅配コーナーに装備。緊急時にも心臓の状態を判断し、対応することができます。

    メーカー参考写真

  • 自転車置場

    自転車置場はスライド式ラックを合わせて244台分をご用意。総122邸に対して一家族につき2台分のスペースを確保し、設置率200%を実現しています。

  • ミニバイク置き場

    ミニバイク置場は12台分を確保。屋根付で大切なミニバイクを雨から守ります。

  • バイク置き場

    屋根付のバイク置場は2台分を確保。敷地南東角の車・バイク入口から入って、右に曲がった独立性の高いスペースです。

  • 坪庭

    エントランスホールの正面には、暮らしに四季の彩りや緑を演出する坪庭を設置。住まう方のお帰りを優しくお迎えし、エレベーターの待ち時間にも心安らぐ風景が愉しめます。

  • エレベーター

    総122邸というスケールを考慮し、2基のエレベーターを採用。朝夕の出勤・帰宅などの混雑時にも運搬効率を向上し、エレベーターの待ち時間を削減します。

  • チェーンゲート

    敷地南東角の車・バイク入口にはチェーンゲートを装備。住まう方はリモコンで簡単に開閉でき、不審車両などの敷地内への侵入を防ぐことで暮らしの安全性を高めます。

    メーカー参考写真

  • 防災倉庫

    災害時に対応する各種設備や備品などを防災倉庫にストック。万一の際にも住まう方の暮らしをサポートし、心強さと安心感を提供します。

  • 宅配ロッカー

    24時間いつでも荷物を受け取れるほか、クリーニング依頼や荷物発送依頼など多彩な機能を備えた宅配ロッカーを設置しています。

    メーカー参考写真

植栽

丹念に選び抜いた多彩な樹木や草花を敷地の要所にバランス良く配置。それぞれの植栽の開花期を始め、植栽の高さや色合い、レイアウトなどをきめ細かに計算しています。

  • アラカシ

    アラカシ

  • イロハモミジ

    イロハモミジ

  • ハナミズキ

    ハナミズキ

  • ヤマボウシ

    ヤマボウシ

※掲載のメーカー参考写真以外はイメージです。実際のものとは異なります。
資料請求をいただいた方には優先的に最新情報をご案内いたします。 資料請求をいただいた方には優先的に最新情報をご案内いたします。
資料請求はこちらから 資料請求はこちらから
来場予約はこちらから 来場予約はこちらから

※掲載の眺望写真は現地13階相当の眺望写真(2017年3月撮影)に一部CG処理を施したもので、実際とは多少異なります。あらかじめご了承ください。
※掲載の完成予想図・敷地配置図イメージイラストは設計図を基に描き起こしたもので、官公庁の指導、施工上の都合等により建物の形状・色調等に変更が生じる場合があります。植栽は、実際に植樹する樹形、枝ぶり、葉や花の色合いとは異なる場合があり、特定の季節の状況を示すものではありません。
また、竣工時に完成予想図程度には成長しておりません。一部の周辺建物は省略しております。※掲載のイメージイラストは現地周辺との位置関係を描いたイメージです。あらかじめご了承ください。